お尋ねが来たら

税務署から『お尋ね』が来たら!慌てないでまずご相談下さい

『お尋ね』とは何か?

相続が開始してから数ヵ月後に、税務署から相続人などに対して「相続についてのお尋ね」という書面が送付されることがあります。これがいわゆる『お尋ね』です。

『お尋ね』が届いた方が抱く共通の思いとは・・・

・お尋ねに回答したら相続税がかかってしまうのではないか?
・お尋ねの提出期限を過ぎたらどうなるのか?
・書類の書き方がわからないが誰に聞いたら良いかわからない
・書き方がわからないから提出しなくても良いのではないか?

『お尋ね』が届いたからと言って必ずしも相続税が発生する訳ではありませんが、税務署は市区町村から提供される固定資産の情報や、保険会社から送付される支払生命保険金の調書、死亡した人の預貯金から、予め相続税の課税対象者である可能性が高いことを想定して郵送していると想定されます。

ですから、『お尋ね』を放置しておきますと税務調査に発展する可能性もありますので、きちんと回答しておいた方が良いでしょう。

今すぐお電話下さい

 

相続相談@三河のお尋ね無料相談サポート

相続相談@三河(運営:ミッドランド税理士法人)では、『お尋ね』が届いて不安な思いをされているみなさまの無料相談を実施しております。

税務署からのお尋ねサポート

初回相談無料(60分)。『お尋ね』が届いたら今すぐお電話ください。土日の相談も可能です。(要予約)

今すぐお電話下さい

サブコンテンツ

このページの先頭へ