自宅+土地をお持ちのサラリーマンのための相続税診断

『うちの財産くらいでは相続税はかからないよ』と思っている方へ

平成27年1月1日から、新たな税制が適用され、相続税の課税対象者が増えることは、多くのサラリーマンの方もご存知のようですが、「そうは言っても、うちくらいの財産じゃ相続税はかからない」とお思いの方も多いようです。

なぜ「自宅+土地」のサラリーマンなのでしょう?

自宅+土地をお持ちのサラリーマンが早めに相続税対策をしなければいけない主な理由は以下の3つです。

  • 土地の評価が思った以上に高くなっている
    多くの方は、だいぶ以前から「自宅以外の土地』をお持ちのようですが、保有する土地の周囲が開発され、それに伴って土地の評価が上がったことで、相続税の課税対象者になっていたというケースが増えているからです。
  • 退職金を合算したら、相続税の課税対象者となった
    刈谷・蒲郡周辺は、大手企業にお勤めの方も多く、従来から持っていた資産に退職金を加えたら、相続税の課税対象となってしまったという方も多いです。
  • 相続税の納付資金が心もとない
    相続財産の中心が「自宅+土地」の場合、相続税の納付時に用意できる現金が少ない可能性があります。
    そこで、その資金をどうするかも早めに考えるべき問題です。

そこで、早めに相続相談@三河(運営:ミッドランド税理士法人)で、『サラリーマンの相続税診断』を受けられることをお薦めいたします。

自宅+土地を持つサラリーマンはどうすれば良いのか?

自宅+土地に対して相続税がかかるサラリーマンの方が予め考えるべきは
1.相続税がかかるのかどうかを判定する
2.相続税がかかる場合、いくらかを試算する
3.相続税の納付資金の手当てをどうするかを考える

ということです。

手順1.相続税診断を受ける

前述のように、弊社にご相談にお見えの方の多くが『うちの財産くらいでは相続税はかからないよ』というお気持ちで相談にお越しになりますが、税制改正に伴って、試算してみると相続税がかかる方も多いです。

相続税診断では

1.現在お持ちの財産総額を、概算で計算
2.相続人の数を確認し、相続税がかかるかどうかを確認
3.相続税がかかる場合の相続税額がいくらかを計算

します。

手順2.相続税の納付資金をどうするか?を検討する

「相続税がかかる」となったら、次に考えるべきは「相続税の納付資金をどうするか?」です。
サラリーマンで、相続財産が「自宅+土地」という方の場合、財産はあっても資金の流動性(換金性)に乏しく、相続税の納付資金を現金で準備することが難しいという特性があります。

そのため、相続が発生する前から、相続税の納付資金の準備を進めることも大事な課題です。

相続相談@三河(運営:ミッドランド税理士法人)では、「土地の評価」に詳しい税理士が、持てるノウハウを駆使してみなさまのお役に立てるよう対応させていただくと同時に、不動産の売却等を検討する際のネットワークもございますので、安心してご相談下さい。

 

自宅+土地をお持ちの方のための『サラリーマンの相続税診断』

相続相談@三河(運営:ミッドランド税理士法人)の自宅+土地をお持ちの方のための『サラリーマンの相続税診断』は初回60分無料となっております。

より正確に試算を行うため

・固定資産税納税通知書・納付書
・預金残高(もしくは通帳コピー)
・株式等、有価証券の保有株式数

をご持参・ご確認の上お越し下さい。より具体的なアドバイスをさせていただきます。

配偶者・ご子息のご同伴も歓迎いたします。
土日の相談(要予約)も対応いたしますので、まずはお電話でご予約下さい。

今すぐお電話下さい

サブコンテンツ

このページの先頭へ